夢からサイコアナリシス

V6についてド新規がつらつら

V6『The ONES』が最高のアルバムだったので語りたい《初回B&MVメイキング》

 先日同タイトルでV6のニューアルバム『The ONES』の感想を書いたのですが、何度も聴き返したりMVや特典映像を見返したりしているうちに、もっと感想を書きたくなりまして……!

 追加で色々と書き加えているうちに20,000字を軽く越してしまい、さすがに長くなったので分けることにしました。(アルバム曲とMVの感想は こちら

 

 この記事はタイトル通り初回Bの特典映像と、MVメイキングについての感想をつらつらして参りますのでネタバレが苦手な方はご注意下さい!

 

【初回B特典映像 テレビ朝日 ドリームフェスティバル】

 

 ドリームフェスティバルとは、昨年10月に国立代々木競技場 第一体育館で開催されたテレ朝主催のフェスで、V6にとって場所こそ馴染み深いものとは言え初のフェス参加でしたのでファンも騒然。

 普段のコンサートやライブと違い、フェスは他のアーティストさん達と共演する場ですのでチケットの競争力が激しく、参加出来なかったファンが多かったために「ぜひ映像化をしてほしい」という声が多く上がっていました。

 

 ファンの声が届いたのか、昨年末にはフェスの様子をTV地上波でもダイジェスト放送があったり、V6サイドでも今年発売されたシングル2枚に同封されていたシリアルナンバーを入力してダイジェスト映像が視聴できる特設サイトが公開されました。

 権利問題など大人の都合があるでしょうし、「ダイジェスト映像でもありがたいよね」とは思っていましたが、心の奥では「やっぱり全編見たい……」という気持ちがあり。 

 

 そんなファンの想いを汲み取って頂けたのか、有難いことに今回特典として『V6ドリフェス出演分の全編』が収録されることになったのです。

 この情報を得たときには、リアルに「マジで……!!ああ……本当にありがとうございます……」と叫びました……(´;ω;`)

 スタッフの皆様、そして関係者各位様。

 ファンとして心から待ち望んでいた特典です。本当に本当にありがとうございます……!!

 

 

 おおよその内容は、ダイジェスト映像で知ってはいたのですが、やはり『fAKE~will~BTW』というセトリは完璧過ぎました……。セトリを考えた健くんは本当に天才だと思います!

『fAKE』はダイジェストでは剛くんの「隠し切れない時に」からしか見た覚えがなかったので、イントロから見られる事に感激しました……そして映像が本当に効果的……。

 そしてBTWこと『SP "Break The Wall"』ですが、まさかこの曲をフェスでやるなんて誰が想像したことか……。V6ファンならライブ中1位2位を争うレベルでテンションが上がる曲ですが、それと同レベルでダンスの運動量が激しく、フェスではやらないだろうな~と無意識に思っていたのを覆されました。そしてやっぱりガシガシ踊っていたV6は本当に何者ぞ……( ゚д゚)

 トークもほぼノーカットと思われるサイズで収録されていて、「あ~これが見たかったんだよ~!ありがとうございます~~!!」と思いながら見ました。ダイジェストでばっさりカットされていて勿体ないと思っていたので本当に良かった……。

 

 フェス後、SNSではV6のファン以外の方が「V6良かった!」と呟く声が多く、ファン以外の方も楽しんで頂けたなんて素晴らしい内容だったのだろうなと思っていましたが、今回全編を見て「やっぱり最高だなぁ」と感じました。

 トロッコも使って『これぞジャニーズ!ファンの近くまで!』というファンサービスに、観客の男性が「すげぇ!」といった表情をされているのを見て、こっちまで笑顔になれましたw

 

 このドリフェス映像も字幕のON・OFFが可能です。親切だぁ……。

 アルバムの曲の様に歌詞カードがないので、V6のCDを初めてお手に取った方でも歌詞が表示されて楽しめる仕様。曲名も表示されますので便利ですよー!

 

【初回B映像特典 カミセンvsトニセン! 沖縄縦断VR対決】

  

 これは期待に違わず、素晴らしいバラエティでした。
 製作に『V6の愛なんだ 2017』スタッフが携わっているそうで(愛なんだスタッフはV6の神番組『学校へ行こう!』スタッフだそうで!)1時間弱の内容でしたが死ぬほど笑いましたww

 

 タイトルにもあるように、今回の特典映像はトニセンとカミセンに分かれていて、9割方3人ずつの映像で6人ショットは少ないです。

 VRの映像に示された別ルートのチェックポイントを通過しながら共通のゴールを目指し、車を自分達で運転して自力で辿り着くという趣旨です。

 ルールは『カーナビやネットで検索は禁止』で『人に尋ねたり本の地図を見るのはOK』というアナログ手法のみ許されています。移動に使用された車はミニクーペで赤と白の二色。

 

 そしてその車内や行く先々で巻き起こる爆笑イベント……w

 個人的に一番笑ったのは、『枠を気にしたことのない剛様』と『末っ子岡田くんにだけ甘い剛くん』このコンボは笑わないのホント無理w

 カミセンには笑いの神様でも憑いているのだろうかと思うくらいに、カミセンがすごいです!


 中でも『ナビ野』が復活したことがすごく嬉しかった……。坂本くんが道を見逃して(あれっ!?)という動きをした時に、すかさず「まっすぐ。」と言い放った長野くん、本当に優秀ナビゲーターすぎて……。
 トニセンの『あっち向いてホイ』は、このオジさん達可愛過ぎかとwwVRを覗く長野くんに、二人が腕を掴んで「こっち!」とやり合うのも可愛かった……w

 

 すごくすごく面白くてめちゃくちゃ笑えた特典でしたので、とてもオススメです!特に『学校へ行こう!』の6人による車内ロケの様子がお好きな方は感慨深いはずです。

 あまり詳しく書いてしまうと笑いが半減してしまうと思うので、これは是非、ご覧になって下さい!!

 

  今回も勝者ユニット(伏せなくても想像がつきそうですが……w)が豪華な食事をしていましたが、またいつか坂本くんと長野くんが先頭に立って料理をして6人で食卓を囲んでいる姿が見たいなぁ~。

 セクバニコンの打ち上げ鍋パとか、SVbの買出しロケまで有りのバーベキュー、フォエバコンの手巻き寿司をメンバーで作りながらオーディオコメンタリーをする企画もすごく好きだったから、私は6人が食卓を囲んでいる姿が好きなのかもしれない……。

 

 スペシャルムービー MV making movie】

 

 初回A・B、そして通常盤の初回生産分に同封されているシリアルナンバーで、特設サイトにて動画のストリーミング視聴が可能になるこの特典。視聴の際には上記に封入されているいずれかのシリアルナンバーに加えてメールアドレスの登録が必要です。

 

 すっかりお馴染みとなった、動画ストリーミング特典形態。

 そういえば今回MVのメイキングが初回Aに入ってないなぁと思っていたら、まさかスペシャルムービー特典になっていたとは……!!

 CDを購入すれば見られるものですが、如何せん公開期限付き。期限後は見られなくなってしまうのが毎回残念……。今回は2017年12月15日正午までらしいので、後で見ようとウッカリしていると見られなくなるのでお早めに(フォエバコンの戒め)

 

 MVメイキングとは言え今回はそのMV自体が15曲ありますが、そのうち6曲分(『never』『刹那的 Night』『SOUZO』『Cloudy sky』『Remember your love』『ボク・空・キミ』)のメイキング映像が公開されており、その長さは約36分半。長いのか短いのかは個人の判断によるかもしれませんが、私は長すぎず短すぎずで良いと思いました。

 

 個人的に好きな部分を曲ごとに書きます。

 

 

『never』

 撮影スタートしてイントロ初めで坂本・井ノ原の腕の動きと位置がピッタリとシンクロしていて、キレイすぎてゾワっとしました。そしてみんなめっちゃ踊ってる……( ゚д゚)

 長野くんと剛くんが本番ギリギリまで振りの練習していて偉い、可愛い。健くんはメンバーの言葉通りに振り付け師さんを独り占めして練習しているし……んんんん可愛い!

 スタッフさんも含めて皆さん楽しそうでいいなぁ。

 最後剛くんが画面外の誰かに向かって右手を上げているけど、位置的に坂本くんに……?もしそうなら労わってる……えらい……(´;ω;`)

 

『刹那的 Night』

  西陣織の衣装がメイキングだとデザインがしっかり見えて良いなと思いました。

 トニ・カミで向かい合っているシーンが実際に向かい合って撮っていたのが以外!そしてイノ健はホントに……w

 「ヤタガラスちゃん」と、ちゃん付けで呼ぶ岡田くんw可愛いかよww

 個人的にこのMVメイキング中で一番笑ったのが、プロジェクションマッピングについて適当な話をするイノッチww

「今の家にはないけど実家にあった」「(よく映すのは?)動物とか。哺乳類が多いかな」「若貴ブームの時には若貴ばっかだったし」……全部言葉の後ろに(大嘘)と付けてやりたいwww 

 ジュースバーで飲み物を頼む坂本くんがフワフワしていてめちゃくちゃ可愛い……w

 

『SOUZO』

 撮影スタートで入ってくる6人の、圧倒的黒服感……つよい。そして一番最後に入ってくる岡田くんがどう見てもSP……つよい……。

<振り付けを見てもらいたい三宅 と見守る井ノ原>の図が可愛いし、健くんの後ろで長野くんも微笑ましい顔でその振りを見ているのもまた……!!!

 剛くんの両腕ワキワキする動きが本当にツボで、MVも視線バキュームはんぱない。

 直美さんの単独コメントもありますので、直美さんがお好きな方は是非ご覧下さい~!

 

『Cloudy sky』

 一緒に紙コップの飲み物を飲んでいる恋弾可愛いくてですねぇ……。健くんがまたピンク色のパーカーを着ているから父と娘感が強い。そしてその前を平然と通り過ぎる剛くん……wwテレビを見ていると猫が前を通るのと一緒みたいで……w

 イノッチと岡田くんが踊っているのは『never』の振り……?

 説明を聞いている坂本くんが膝を擦りまくっているのが何て言うかこう、年齢を感じ……(菩薩顔)そして監督がサイドテーブルに足をぶつけて、飲み物の入ったコップが坂本くんの座っているイスに倒れこむという……w坂本くんの顔が美川さんになっていてヤバイw

 「森田さんと三宅さん以外は撮影終了になりまーす」剛健「!?」の流れww

 剛健のスタッフさんへのイタズラがwwそして安定の勢い余って転び芸を披露する剛くんww<そして優雅に泳ぐスタッフ>のテロップ……w

 ちゃんとスタッフさんに衣装をあげる剛くん優しい……

 

『Remember your love』

 メイキングなのに切ない……。

 と、思っていたら神懸かったタイミングで落ちる照明ww『刹那的 Night』の時と同じように、ネオン管やらクレーターやらについて適当会話を繰り広げるイノッチwww

 ……というおふざけがあっても、メイキングなのに切ない……(´;ω;`)健くんの説明とか、やっぱり6人の表情が良い……みんな良い……泣ける……。

 

『ボク・空・キミ』

 剛くんが公園を歩いている姿を見るだけで、何でこんなに切ない気持ちになるのだろうか……?車の運転するシーンも、左ハンドルが画になってる……すごい……。

 坂本くんのスタジオに入ってくる時の黒いワンピースみたいな服、何ていうか……ちょっと、いやすごくエロ。そして健くんの肌白くて綺麗……!トゥヤトゥヤしてる……38歳って何……信じられない……イノッチの血管が血管フェチにはたまらないやつだ……岡田くんの肩幅すごいことになってる……長野くんも肌が綺麗……と、メンバーのバストショットを見ながら思いました。なんだろう、人間って美しい。

 水中の撮影シーンで、鼻をつまみながら潜る剛くんが可愛いくて……!!3秒くらい潜ってすぐに浮き上がって「げんかい!」という剛くん……ww

 剛くんが沈んでいる間、一緒に息を止めていたのは私以外にもいたと思いたいですw

 

 

* * *

 

 こんな感じで初回BとMVメイキングの感想をつらつらしました。

 特典映像は考察せず気軽に見られるし、その分感想も気軽な感じになってしまったので箇条書きみたいになってしまい、読み難いかと思います……すみません……。

 

 初回Bをご覧になった方はご存知だと思いますが、今回も特典映像が長い!

 ドリフェスは50分弱、トニカミ対決は1時間弱(特典BのDVDで98分)、MVメイキングは36分半と、合計で2時間以上特典映像があります。

 全てを一気に見ようと思うと、意外と時間があっと言う間なのでお出かけ前に見始めるのは危ないですが、それでも見たくなる・何度も見たくなる特典映像でしたので、ファンならばぜひ初回Bもオススメしたいです。

 あと『学校へ行こう!』でV6が面白い人たちだという事をご存知の方も、かなり楽しめる内容だと思います。本当にV6のバラエティ適正ハンパ無いので……雛壇芸人を喰うレベルで面白いです。

 

 『V6 LIVE TOUR 2017 The ONES』のDVDおよびBlu-rayが発売された時には、今回の特典よりも無茶した特典が付くのかどうか……期待していいですかね??

 

 

 

 拙文を最後までお読み頂きありがとうございました。